読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある若者のつぶやき

大学4年生、好きなことを淡々と... 日記、読書、音楽、野球、アニメ云々

【冴えない彼女の育て方♭】第7話 感想

第7話「リベンジまみれの新企画」

 

www.saenai.tv

※ネタバレ含みます。

 

 

 

追加発注は5000本を超えたらしい。

冬コミで落とした分は一気に回収。

大ヒット御礼イラストを描いている英梨々はふと・・・

「あれ...?」

 

寒い2月の登校風景。

倫也の隣には学校二大美女のふたり。

そんな風景に学校中の視線は集まるばかり。

「いつからそんな学園ハーレムラブコメの主人公みたいな…」

「今ならわかる気がする…学園ハーレムラブコメの主人公の親友キャラのウザさが…」

加藤は挨拶を返すも、相変わらず冷たい態度。

「正妻の方は、おかんむりだぞ」

 

伊織からバレンタインのチョコ(出海ちゃんから)を手渡しされる倫也。

(店員はその関係性が気になって仕方がない様子w)

伊織は世界に五冊しかない倫也の黒歴史ノートを今も大事にもっているらしい。

帰り際、伊織は倫也に一言。

「あの2人を…柏木エリと霞詩子を話すなよ」

加藤は相変わらず激おこぷんぷんまる。

 

翌朝、英梨々はチョコを片手に倫也を待ち伏せ

ツンデレのテンプレから離れている。

加藤とは2ヶ月口をきいてないらしい。

新作の感想は作家に一番に報告。

詩羽に新作での参加を頼む倫也。

「私は...できればまた彼女と組みたい…」

 

f:id:SummerNine04:20170528070757j:plain

 

ゲームをプレイして、演出の凝りようにようやく気付く倫也。

いつだって、加藤は全力だった。

ようやく、加藤のありがたみに気づいた倫也は綴る。

冴えない彼女の育て方

f:id:SummerNine04:20170528070713j:plain

 

 

 〈感想〉

冬コミも終わり、新作へと舵を切りたいが、そうそううまくいかない。

倫也と加藤の溝は深まったまま、英梨々はまたしてもスランプの予感、詩羽先輩は卒業を控える、そして季節は冬。

まるで、なんとかアルバムのような雰囲気満載の第7話。

英梨々は前回の出来事がきっかけで、ようやく倫也とのわだかまりを解消して仮面を外してきましたねー。

詩羽先輩は卒業間際ってこともあり、アプローチには余念なし。

見ていて、倫也がうらやましくて仕方がなかったです(笑)

クラスメイトはあいかわらず視聴者を代弁してくれるいい人ですわw

でも、倫也は相変わらず一番身近にいた加藤のことは結局気づけなかったという。

いつも傍にいたからね...わからなくはないけど、そのハーレムな状況には嫉妬するわ。

加藤のありがたみに気づいた倫也はプロット名を『冴えない彼女の育て方』に変更。

タイトル回収しましたし、ここで終わりでもいいんじゃないですか?

あと4話でどこまで進めて、終わるかね...せめてハッピーな展開で終えてほしいな。

次回も待ち遠しいです。

 

 

【冴えない彼女の育て方♭】第6話 感想

第6話「雪に埋もれたマスターアップ」

www.saenai.tv

※ネタバレ含みます。

 

 

 

那須高原には伊織と江中に送ってもらうことに。

別荘には英梨々が床に倒れこみ、出来上がった作品が散らばっていた。

「プロデューサーならマスターアップを優先すべきだった」

「仲間が倒れたら、そっちを優先するだろ!」

倫也のサークルのゲーム規模は同人サークルのものをはるかに超えていた。

伊織は日曜の午前中までなら間に合うと業者を紹介。

江中は怪しげにほほ笑む…。

 

英梨々が目覚めたのは月曜の早朝。

傍には倫也が付きっきりで看病をしてくれたらしい。

マスターアップは結局できなかった。

怒る英梨々だが倫也が仲間を切り捨てない男だということは理解している。

描き上げた7枚の絵は他の誰よりも素晴らしい。

やっと倫也の一番を貰えた英梨々は安堵する。

翌日には帰って皆に謝罪をする。

その顔には申し訳ない気持ちと共に自信も感じ取れるようだった。

f:id:SummerNine04:20170528063106j:plain

12月31日冬コミ最終日。

大手が陣取る壁際の場所には手焼き100枚と少し物寂しい。

倫也は伊織にお礼をいい、英梨々は出海に負けを認める。

『blessing software』はネットでは想像以上の人気を博していたらしい。

体験版は30分で完売してしまった。

 

帰りに打ち上げを開くと提案するも加藤は断る。

「どうして相談してくれなかったの?」

加藤はずっと駆けつける姿勢を取っていたし、反対もしなかった。

今回も結局、倫也が最後は一人で決めてしまった。

初めての感情を見せた加藤の背中を倫也はただ見送るしかできなかった。

f:id:SummerNine04:20170528062905j:plain

〈感想〉

今回は英梨々パートの終わり。

冬コミの出展は諦めてしまった。

加藤はいつでも助けるという姿勢を見せていたが、倫也のとったのは独断決行。

そんな倫也を見て、爆発したのはまさかの加藤でしたね。

英梨々のほうは倫也の一番という言葉だけで満足してたし、他もなんだかんだ大人しかったってことでいつもと逆でしたね。

今回の件に関しては、那須高原に行く車の中でも電話を無視したりとあまり擁護できなかったな…倫也。

次回以降、今までと違った関係性が見れるかもしれないですね。

ルート選択を間違ってばかりの倫也は無事にゴールへたどり着くことが出来るのか。

プレイアム(?)フライデー【vs広島 9回戦】

 

広島 7 対 2 巨人

  勝:岡田 明丈(5勝1敗0S)

  敗:マイコラス(4勝3敗0S)

 

プレミアムフライデーに賑わう商店施設。

そんな賑わいをカープファンは今季のジャイアンツ相手の際は感じているのだろうな...

 

終わってみれば、もう見慣れたような点差。

マイコラスが先発だから…なんて夢ももう見ないようにしよう。

序盤は、気合の奪三振ショー。

ライト長野の後逸なんてあったけどそんなの点を与えなければ…と言わんばかりのピッチング。

一方、原前監督注目の岡田も見事な投球っぷり。

 

カープ相手に心配なのが終盤。

今回も期待を裏切らない終盤の猛攻。

結局マイコラスは5失点で降板する結果に…要所で打たれるのがうまいですね(笑)。

今季初登板の戸根も流れは止められずスコア以上に見事な完敗。

 

カープの成績はこれで1勝8敗…勝ったの菅野の1人劇場のときだけかよ!

もうこの対戦カードの時は大それた起用でもしていろいろ試してもいいんじゃないんですかね…w

見てる側からしたらなんも変わり映えしないからそうしてくれることがありがたいかも。

次は、宮國。せめて途中までは・・・がんばれ。

不安はそれでもついてくる(vs 阪神 10回戦)

 

巨人 1 対 6 阪神

  勝:メッセンジャー(6勝1敗0S)

  敗:大竹 寛   (4勝3敗0S)

 

前回は、鳥谷の顔面への死球で心配ムードが漂っていましたが、マスク常備でなんとかプレーはできるようですね...安心です。

でも、あの顔面マスクを装着した鳥谷は、パワプロ風でいうと能力が1ランクぐらい上がってそうだけどどうなんだろ(笑)

 

さて、今日の大竹さんは1周目で見事に捕まりましたね。2周目まではもつと踏んでたけど、初回からぼかぼか打たれるとは・・・

GW以来パッとしないし、そろそろ調整期間に移行させるべきかな…。

山口俊や高木勇人がどれくらいの段階かわからんけど、今のままだと入れ替え候補筆頭だもんな。

中継ぎは今日はロングやったけど、よく抑えたってとこですかね。

桜井はよくわからんのやけど、ランナー出さなければ回跨ぎはできることが分かったし頑張って抑えてね。

 

打撃は阿部の調子は下降気味ですね。村田が打てばいいけど出番が少ないからか、思うように鳴らないからなー...。

いよいよ投手次第っていう状況へと突入してきたな。

どこかに、目新しい起爆剤落ちてないかなー(笑)

 

そして、週末は巨人ファンは今季最もお目にかかりたくないカープ戦。

阪神相手に勝ち越しはしたけど、総得点数<総失点数という不安材料を抱えてしまったジャイアンツ。

無事に月曜日を迎えれたら...と、ただただ祈るのみです。

代打の亀さん【vs阪神 9回戦】

巨人 3 対 1 阪神

  勝:森福 允彦(1勝2敗0S)

  敗:桑原 謙太郎(3勝1敗0S)

  S: カミネロ(0敗1敗13S)

 

先発は久しぶりの吉川光夫

あー...打ち合いになるかなーっと思って蓋を開ければ、まさかの投手戦Σ(・・)

5回までノーヒットとか、悪いけど先発菅野だっけなー...なんてなんども見直しましたよ(笑)

でも、5回に福留に初ヒットとなる3ベースを打たれると鳥谷に危険球で退場。

ここでってときにこれは惜しいな...次にどう影響するかね。

後続は昇格まもない田原がきっちり料理。

その後も、森福→マシソンと1回ずつのリレー。

 

一方、打撃陣はというと能見サンに見事なまでに抑えられる。

今季の能見さんの防御率ってまだ2点台なのね。

まだまだやれそうなんやね。

動きがあったのは8回、投手が桑原に代わったあとですね。

元バッテリーの相川がうまいことライト前に。

送りバントで得点圏に進んだところで、代打亀さん。

この男、今季の代打成績4割越え。(ただし、スタメンだと1割にも満たないw)

ここまで代打でいいとこをかっさらってきたは亀井は今日も華麗にタイムリー。

見事なまでに代打の神様としての経験値を貯蓄してますねー(笑)

9回にはここ最近、得点圏でのヒット打てない呪縛から脱しつつある長野サンの2点タイムリー。(やっとかよw)

 

ラストは、ハイライトで登場がやけに多かった上本にHRを打たれるも崩れることなく抑えたカミネロがセーブ。

今日は、阪神が珍しくチャンスを生かせなかったから取れたゲームという感想。

最近、不安定な投手が崩れなかったことがよかったかな。

森福は移籍後初勝利。これから中継ぎの柱になってくれればなー。

取れる試合で勝たないと、貯金なんてあっという間になくなるからね。

そう思えば、今日の試合を取れたのは良かったです。

明日は6回まではなんだかんだ完璧な大竹さん。

相手はメッセンジャーだけど、粘っていただきたいですね。

時の流れはとても早い【vs DeNA 8回戦】

巨人 4 対 6 DeNA

 勝:加賀 繁 (1勝0敗0S)

 敗:内海 哲也 (1勝4敗0S)

 S:山崎 康晃 (1勝1敗3S)

 

阿部選手、2000試合出場おめでとうございます!

でも、こういった記念日ってなかなかうまいこといかないよね。

 

粘りの内海もそろそろ潮時なのかな…

そんな時の流れも受け入れていかないと...と思わざるを得ない試合でした。

四球→被弾の繰り返しで結局、援護も消化して降板。

あれ?こんな展開になる投手、いた気がするけど候補がたくさんすぎてわかんないや。

始めは奪三振をとる投手として名を挙げ、粘りの投手として最多勝を取ってきた選手がこんなにぽかぽか打たれるんだから(というより自滅ピッチャーになってる)・・・

これが中5とかだったら、次回に期待もできたんだろうけど、中10日ほど空けてるからね…もう只々、見つめることしかできない投手になってしまったんだな。

 

で、桜の季節は短いけど、ヤクルト戦で見せた芽も早くも枯れてしまったのではないかと思われます。

桜井...セットで球速落ち過ぎやって...コントロールも不安定でこれやとまた、ワンポイント扱いな投手が増えたことになってるやん。

 

打撃はまぁ...通常運転で安心しました(笑)

クリーンナップが打たな、点は入りませんよね...はい、その通りです。

長野さんが得点圏で打ったことぐらいかな…

 

せっかくできた貯金もすぐに使い果たして借金生活が目の前に迫ってきましたが、果たして留まるか、ズルズルいくか。どうでしょう。

【冴えない彼女の育て方♭】第5話 感想

第5話「締め切りが先か、覚醒が先か」

 

www.saenai.tv

※以下、ネタバレ含みます。

 

加藤が告白されている...

(詩羽先輩、若干そわそわしてる...?)

前回でもわかったように、すっかり黒髪ロングのキャラに生まれ変わった加藤。

容姿はいいが、なにしろステルス性能が極端に...

加藤は結局、マスターアップを優先するため告白をお断り。

 

一方、英梨々の作業は順調に遅れている。

厳しい詩羽に、英梨々若干買いかぶり気味な倫也。

英梨々は那須高原に缶詰めするらしい。

英梨々のまぶしい笑顔になにも言えない倫也。

(ゲームならここで選択肢がでてきそう)

 

『あ~それは帰ってこないわ~。いなくなるわ~』

棒読み詩羽w

逃げるクリエイターには特定のパターンがあるらしい(とある編集者談)

 レベル1:言葉遣いが荒くなる。

 レベル2:自分を責めだす。

 レベル3:だんだん返事が遅くなる。

 レベル4:周囲を顧みない自己憐憫を並べ立てる。

 レベル5:ある日を境にまったく連絡が取れなくなる。

 レベル6:失踪。

終末に様子を見に行こうと提案するが、マスターアップで忙しいので無理と。

 

倫也の大丈夫は英梨々を信用していないということ。

成長をせずに帰ることを望んでいるかのような考えに腹を立てる詩羽。

絵の完成速度は日に日に遅れていき、レベルは進行中。

期待だけ押し付けて待つ倫也に、加藤も若干腹を立てているご様子。

土曜日、幻聴と幻覚(?)を感じ、全てをやり直すと言い出す英梨々。

驚きと諦めに近い感情で倫也は一言

『お前は...お前のやりたいようにやればいいよ...』

日曜日、絵を描き上げた英梨々はそのまま倒れこむ...

f:id:SummerNine04:20170517152047j:plain

 

 

 

〈感想〉

 とりあえず、英梨々パートスタート。

 全体的に一気に進めたなという印象でした。

 今回は、というよりずっと倫也がファン目先で英梨々を観ていた。

 だから、詩羽先輩も加藤も気に障ったんだと思う。

 結局、締め切りばかり気にして英梨々のことを見てないのがなぁ...

 あ、先週から黒髪ロングで生活している加藤はOPでもロングになってるし、このまま行くんですね、ポニテがなぜか恋しいと思ってしまったw

 英梨々の原動力が常に倫也にあるというのが伝わってきたけど、倫也はねぇ...w

 純粋な幼馴染でありたいんだな。

 このアニメ、普通にフィギュアとか隠さずのっけているから探すと楽しい。

 次回予告で、城之内ネタを真似てくるという飽きさせないスタッフたち。

 英梨々パートは果たしてどれだけ割くつもりなのか気になります。

 

 次回、『英梨々、死す』じゃなかった『雪に埋もれたマスターアップ』