とある若者のつぶやき

大学4年生、好きなことを淡々と... 日記、読書、音楽、野球、アニメ云々

【ヴァイオレット・エヴァーガーデン】第2話 感想

第2話 「戻ってこない」

 

 

4年前・・・

ギルベルトの兄、ディートは昇進祝いとして戦場で拾ったヴァイオレットを与えた。

『いいか、武器として使え。情けはかけるな』

その武器はエメラルドのようなきれいな瞳でこちらを見ていた。

f:id:SummerNine04:20180120070337j:plain

ヴァイオレットの自動手記人形としての配属が決定する。

アイリスは新人だが野心家、エリカは自分に自信を持てない。

教本による学習を始め、一心不乱に練習するヴァイオレット。

ギルベルトへの手紙を作成。クラウディアが代行しておくと手紙を受け取る。

カトレアが出張中、アイリスやエリカの横で業務を手伝う。

正確無比のヴァイオレットは、依頼主の反感を買いがち。

 

ある日、求婚の申し込みの返事を依頼する女性が来店。

“愛” の単語に反応したヴァイオレットが依頼を承諾。

女性は、駆け引きによる有利な条件での求婚を求めていた。

しかし、本音のみを綴った手紙により男性を怒らせる破目に。

カトレアによってその場は治まる。

『言葉には裏と表があるの。口に出したことが全てじゃないのよ』

 

理解ができないヴァイオレットは、街を彷徨い歩く。

会社に戻るとエリカに遭遇。

『私は…自動手記人形には不適格でしょうか』

『向いていないと思うわ。なぜこの仕事を?』

『私は“愛してる”が知りたいのです。たとえ向いていなくてもこの仕事を続けたいのです』

先ほどから降っていた雨はすっかり止んでいた。

f:id:SummerNine04:20180120070550j:plain

アイリスは社長にヴァイオレットのドールを辞めさせるように直訴。

エリカは逆に辞めさせないでと声を荒げる。

『それは裏腹です。先ほど向いていないとおっしゃったのに…』

エリカは自分のほうが向いていないと自覚していた。

忘れかけていた自分の夢…いつか人の心を動かす手紙を書きたい…

 

クラウディアは闇市に流れていたブローチを買い取り、ヴァイオレットに返す。

カトレアにギルベルトのことを教える。

辺境伯家の出身でありながら骨のある人間だった。

『あいつはもう…戻ってこない』

f:id:SummerNine04:20180120070128j:plain

 

〈感想〉

ヴァイオレットの話と見せかけてのエリカ回でした。

今回はヴァイオレットが言葉には表と裏が存在することを知ることを目的としたものでしょう(理解はおそらくしてない…)。

カトリアが留守中の様子を見ていると、ドールの業務はカトリアさんによって成り立っているほど人材不足なのか…。

依頼主の反応からすると、身分の格差もまだ残っているといったところでしょうか。

女性の陰の感情はうまいこと表現できていると思うけど、内容はそれだけにかなり重い…。

女性客を対象とした作品作りってところですかね。

ギルベルトのことを死んだと明言せず、戻ってこないと言ったのは、単に様になる言葉を選んだためか実は死んではいないということなのかが気がかり。

次回は鬼門の3話、どうなりますかねー。

 

【恋は雨上がりのように】第1話 感想

第1話 「雨音(あまおと)」

 

ファミレス「ガーデン」でアルバイト中の橘あきら。

かつて陸上部でエースとして活躍していた彼女は、足の負傷により目的を見失っていた。

病院帰りに雨に遭遇。

雨宿りとして、立ち寄ったファミレスでひとり窓の外をみつめる。

彼女の落ち込みを見た近藤店長は珈琲をサービス。

『きっとすぐに止みますよ』

雨雲から日の光がかすかに指し始めた。

f:id:SummerNine04:20180115093651j:plain

休憩に入ると、事務所には子供がひとり。

店長はバツイチ子持ち。

あきらにとって嬉しい知らせだった。

 

バイト仲間の西田ユイは店長を臭いと口を滑らす。

その後、事務所に店長が着ていたシャツが…。

あきらはシャツを手にとり、顔に近づけ…。

f:id:SummerNine04:20180115093123j:plain

後ろからそんな姿を見られたあきらは店長をにらむ。

帰宅前、店長にシフト希望を提出。

ついでにIDを聞こうとするも、勘違いから店長には伝わらない。

 この恋の行く末は、まだまだかかりそう。

 

〈感想〉

友人から勧められて知った作品。

目標を失った17歳女子高生と45歳の中年男性の恋模様(?)を描いた作品。

内容を書いていこうと思っても、文字で伝えるのが困難なものであると今実感してますw

詩でも詠んでいるかのような雰囲気というのが、一番の感想。

不器用な二人がスレ違いを繰り返す姿に、はやく伝われ!って思ってしまう。

けど、実際の恋愛もこうやって簡単には伝わらないことも多いもんな...。

最終的に思いは伝わるのか、それともすれ違いのまま終えるのか。

あと、EDにAimerさんが来たのは個人的に嬉しかった。

OPのハニワで少し明るい気持ちにさせ、ラストのEDで少ししんみりした雰囲気で終わらせる…。

これは次回以降も楽しみです。

【ヴァイオレット・エヴァーガーデン】第1話 感想

第1話 「「愛してる」と自動手記人形」

 

 

 

『少佐の瞳があります。少佐の瞳と同じ色です。』

出店に並ぶブローチを横目に少女がぽつり…

『これを見たときの、こういうの……なんというのでしょう?』

 

大戦は終わり、ひとり療養中のヴァイオレット。

彼女は再び上司のギルベルト少佐に仕えたかった。

彼女を迎えに来たホッジンス少佐はギルベルトの行く末をなかなか口にできない。

f:id:SummerNine04:20180113004451j:plain

彼の親戚であるエヴァーガーデン家は彼女を温かく迎えてくれた。

しかし彼女の両腕はすでに機械に…。

彼女にとって、ギルベルトが全てだった。

『私は少佐の道具です。不要なら処分を…』

 

ホッジンスは終戦後、郵便事業を始めていた。

命令があれば最後まで遂行する彼女は休むことを知らない。

夜間でも配達を続けた彼女にホッジンスは休むことを教える。

『君はいつか自分が火傷を負っていることを気付くはずだ』

 

翌朝、代筆を頼むお客が訪れる。

自動手記人形サービスを担当するカトレアが対応。

彼女は手紙の最後に “愛してる” と記載。

ヴァイオレットには、その言葉の意味がどうしても理解できなかった。

 

自動手記人形サービスを担当したい願い出るヴァイオレット。

理由は “愛してる” の意味を知るため。

彼女が示した初めての意思を尊重したいホッジンスは彼女の願いを静かに受け入れる。

 

少佐は最期にこう言い残しました。

『君は生きて、自由に…心から愛してる』

あの人の最後の言葉の意味を知るため、ヴァイオレットの新たな日常が始まる。

f:id:SummerNine04:20180113004659j:plain

〈感想〉

今回の京アニ作品は、映画並みの作品作り。

冒頭の手紙が飛んでいくシーンはまさに劇場版の入り方でした。

で、内容はどうなのかというとこれもシリアス展開。

隔週30分で見ていくより、まとめて見たいというのが正直な感想。

30分の間に少しでも緊張を和ますシーンがあれば、もう少し楽しめるのかな...。

次回以降、どういった展開になっていくのか楽しみです。

 

www.youtube.com

 OP担当のTRUEさんの曲はやっぱいいな。。

ドラフト感想

今年も目玉はパ・リーグ中心…

 

【巨人 2017ドラフト指名選手

   1位:鍬原 拓也(中央大)

   2位:岸田 行倫(大阪ガス

   3位:大城 卓三(NTT西日本)

   4位:北村 拓己(亜細亜大)

   5位:田中 俊太(日立製鉄所)

   6位:若林 晃弘(JX-ENEOS

   7位:村上 海斗(奈良学園大)

   8位:湯浅 大 (健大高崎高)

 育成1位:比嘉 賢伸(盛岡大付高)

 育成2位:山下 信吾(常盤高)

 育成3位:笠井 駿 (東北福祉大) 

 育成4位:田中 優大(羽黒高)

 育成5位:広畑 塁 (立正大)

 育成6位:小山 翔平(関西大)

 育成7位:折下 光輝(新野高)

 育成8位:荒井 楓太(関根学園高)

 

こうして全体を見渡すと、そこまで悪くはない…。

二年連続で大目玉を狙ってみるも外れ(清宮幸太郎・村上宗隆)。

くじ運に関しては何も言えないので、仕方ないか・・・

 それにしても2、3位の社会人捕手指名は別に一人でも良かったのでは。

小林の疲労が懸念されたペナント終盤に備えてのバックアップが必要なのは確かだけど、最初から中村を狙っても良かったのではないかと思ってしまう。

下位指名の選手はなかなか評判のいい選手。

最近は下位指名の若手が徐々に出始めるから、まんべんなく期待できそう。

 

注目のドラフト1位指名、鍬原 拓也はぜひとも前評判の低さに負けず頑張っていただきたいです。目指せ菅野!!

f:id:SummerNine04:20171029151338j:plain

 

 

終戦日【vs阪神 25回戦】

阪神 5 対 4 巨人

  勝:岩田 稔(3勝2敗0S)

  敗:田口 麗斗(13勝4敗0S)

  S:ドリス(4勝4敗36S)

 

負けました!!

悔しいな...なんだかんだCSにあと少しで手が届きそうなところで連敗。

結局、上位チームとの違いとしてたびたび挙げられる若い力の差が勝敗を分けるのか...

投手陣の世代交代が進められる中、なかなか進まなかった野手の世代交代。

今日のスタメンも20代は坂本、中井、小林の3人のみ。世代交代ってこんなにも難しいものなのかと実感させられるよ。

これまでの偉大なOB達はみんな新人時代に我慢に我慢を重ねられ、大成していった例があるけど、今のジャイアンにそれを支えるベテランが下り坂を迎えてる状態。

完全に時期を見誤った状況ですわ(笑)

もう阿部や村田に頼りきりでは勝てない時期が来てしまったんだな...

 

11年振りにBクラスが決まったわけだが、おそらく個人的には話題性を常に提供してくれたし、あとあと思い出すと楽しいシーズンやったと思ってる。だってあの13連敗からシーズン終盤までCS争いが楽しめるとか梅雨時の自分はおそらく思えてなかった。その間、いろいろ記録を作っていったわけだけど、どれも話題性を欠かないものばかり。きっと10年20年後、あのシーズンはいろいろあった、でもそれがあったから今のジャイアンツがあると思いたいし、そうあってほしい。

 

数々のドラマ(?)を生んだシーズンも残り1試合のみ。

悔いのない試合を是非!

 

対中日最終戦【vs中日 25回戦】

中日 1 対 2 巨人

  勝:マイコラス(14勝8敗0S)

  敗:小笠原 慎之介(5勝7敗0S)

  S:カミネロ(3勝5敗29S)

 

今回は見事な投手戦だった。

結果、マイコラスに軍配が上がった形だけど、中日相手には気の許せない試合を続けてくれるよ(笑)

中4日のマイコラスもまさかの139球で9回途中まで投げてくれるという頑張り。

西村が抹消で、スコットカミネロも連投中。

先発外人がここまで投げてくれるのはほんとにありがたい。

来季もほんと残ってくれないかな…。

マイコラスは今回の9奪三振を加えて今季187奪三振

2位の菅野が171だからもうタイトル確定かな。

ほんと感服ものです。

 

打の方は村田のソロが出たけど、印象が強かったのは中井かな。

前日、空気を読まず球団1万号を打ってしまい歴史に名前を刻んでしまった中井が名前に恥じないように覚醒…かどうかはわからないけど、しれっと猛打賞。

これから和田曲線を描くのか否か…期待しときます。

 

さて、残り試合も3試合に。菅野・田口は投げるだろうけど、最終戦でマイコラスを持ってくるのか、畠をどこかで組み込むのか。

うーん・・・悩む選択やな…。

首の皮1枚【vsヤクルト 23回戦】

巨人 6 対 5 ヤクルト

  勝:マシソン(4勝4敗2S)

  敗:秋吉 亮(4勝5敗10S)

  S:カミネロ(3勝5敗27S)

 

なんとか首の皮が繋がった‥‥‥

先発3回ノックアウト、5点ビハインド、打撃陣不調。

3回時点で諦めかけた試合をよくぞ取れたという印象。

4点差以上の逆転が今季初であることは嬉しいのか悲しいのか・・・

吉川(光)は前回同様反省だな...しっかりしてくれよ。。

 

というわけで、首の皮はぎりぎり繋がっているが負けられない試合があと5試合。ゲーム差からしてもう光なんてほぼ残ってないけど、最後まで食らいついていきましょう!