とある若者のつぶやき

大学4年生、好きなことを淡々と... 日記、読書、音楽、野球、アニメ云々

他力本願【vs阪神 20回戦】

巨人 5 対 5 阪神

 

 

うーん…妥協点と言えるのだろうか・・・

負けなかったのは、良かった。DeNAカープに勝っちゃったからね。

負けるのだけは阻止したかったから、それはいい。

でもなぁ、点を取ったというより点を与えてもらったと表現するべき試合だった。

 

まず、先発田口。ここまでの貢献度が素晴らしいからね、酷くは言いづらいけど、藤浪の四球はさすがに文句を言いたくなる。

2死から投手に四球を与え、結果的にそれが点に絡みつく。

しっかりしてくれ。。

 

打撃陣は、4点までは藤浪から取り返す。

敵やけど藤浪も全然だな…死球を恐れてなのか、置きにいった球がいい具合にはじき返されてる。別球場の大谷は抑えてたのに、これじゃあかつてのハンカチマー君のようだよ...。

敵の心配より、こっちの打撃陣も心配しろと言われそうなので戻りましょ。

長野さんの15号HRが出ましたね。

巨人でのHRランキングでトップに躍り出た長野。

この時期に長野がHRトップになるのも違和感だけど、かつてのHRバッターはみんな年齢がね...。

この先さらに減っていくと思うと、現実はなんとも残酷に思えてくる。

 

9回表、巨人の攻撃。

先頭亀井の内野安打と長野の四球で0死一二塁で今年は長生きしてる到。

打数自体は少ないけど、体力がほんとないからね。

今年は、定期的に休ませてるから率だけ見るとまだいいほう。

その到のポップフライが阪神サイドの守備の乱れもあって同点安打に。

阪神さん先週に引き続き、ありがとうございます(笑)

 

延長に突入してからは、投手陣の踏ん張った。

打撃陣は…同点で力尽きた印象…(笑)

カミネロ・マシソンに回跨ぎをさせたことはなんとも予定外だったけど、他はこれまで酷使してきたからな...ブルペンはもう少し考えて運用してくれよ...。

 

とにかく、負けたと思った試合で落とさなかったのは良かった。

2戦目は久しぶりの吉川(光)。

鳥谷へのあの一件から無事に立ち直れてるといいな。初勝利、期待してるよ!

ヤクルトカード振り返り【vsヤクルト 19〜22回戦】

9/8(金)ヤクルト 1 対 4 巨人

                   勝:菅野 智之(15勝5敗0S)

                   敗:岩橋 慶侍(0勝1敗0S)

 

9/9(土)ヤクルト 4 対 0 巨人

                   勝:小川 泰弘(8勝7敗0S)

                   敗:畠 世周(5勝2敗0S)

 

9/10(日)ヤクルト 1 対 6 巨人

                   勝:マイコラス(13勝6敗0S)

                   敗:成瀬 善久(0勝1敗0S)

 

 

こうして見るとまずまずの結果。

前カードの中日戦も含めると3勝2敗でひとつの勝ち越し。

ほんと阪神さんありがとうございますですよ(笑)

小川他に零封されたときはどうなるやら...とか思ってたけど3戦目で陽•坂本に当たりが出たことで今後の展開に希望が持てて来た。

あとは中継ぎ陣かな...スコット太郎に疲労かなにかが見え始めたことが心配やな〜

きっと今週は総動員で臨むやろうし、中継ぎの不調はなんとも痛い。

澤村はまさかの復帰が不明(というかキャリアを終える可能性まで...)であることが判明したし、どうしたものか...。

こりゃあ先発を引っ張るしかないかね...w

 

とにかく、今週はCS争いの正念場。

なんとしてもAクラスに!頼むよ田口!

脱帽【vs中日 22回戦】

中日 4 対 0 巨人

  大野 雄大(6勝7敗0S)

  田口 麗斗(12勝3敗0S)

 

 

完敗です...大野には脱帽だね、まったく。

前回も大野にやられた記憶があるけど、今回も手も足も出ない。

2安打でどう勝てっていうんだよ!

いまのウチには小技さえ厳しいのに安打が出なかったら敗戦を待つだけの試合になってしまう...。

 

田口はまぁ、だんだん踏ん張りが効かない試合が増えてきた。

(今回は3ランなくても勝ちが怪しかったから全て悪いとは言い難いが...)

打たないのが悪いということで擁護しとこ。

 

坂本はとうとう3割をきってしまった...。

誰の目から見ても疲労が根本的な原因だと思うけど、そろそろ休ませろよ...。

休ませる余裕がないとか監督さんはおっしゃってるけど、このままだと落ちるところまで落ちかねないぞ!

 

そんな感じで打線は冷え冷え。

なので、坂本にはヤクルト戦で休みを挟むことを提案する。

3位になりたいんだったらそんぐらいしないと。

野球は2アウトから【vs中日 21回戦】

中日 8 対 11 巨人

  勝:カミネロ(3勝5敗25S)

  敗:福谷 浩司(1勝1敗0S)

 

 

松本での巨人戦は26年ぶりらしい。

調べてみると1991年6月25日にヤクルト戦が行われてる。

結果は、16対5で敗戦。当時のヤクルト黄金期だもんね…(笑)

 

さて、4年ぶりの地方球場での先発を任せられた宮國。

内容はここ最近の投球通り。3本柱(畠もカウントして4本か)の投球には遠く及ばないが、ローテを埋めるにはちょうど良い。

どうしてもね…期待は若干しちゃうんだよね……w

まぁ、そんな宮國もピンチ背負って6回に降板。

続く池田は残したランナーは返して踏みとどまる。

7回は西村が崩れ、一挙に逆転…。

ここ最近西村がピリッとしないし、糸が切れたかな…?

 

9回2死、2点ビハインド。

この展開であの1発は予想してなかった。

映像観たら低めのインローをイチローばりのすくい打ち。

あれが入るんだから、宇佐美は持ってる気がしてならない。

 

延長に突入すると、カミネロがピシャリと抑える。

こうした1点を争う試合で滅多に試合を崩さないあたり、良い助っ人取ったなと実感してします。

11回裏、ランナー1,2塁で寺内。

ここで内野ゴロ辺りをいつもはかますが、昨夜は予想をいい意味で裏切ってくれた。

4年振りのHRでサヨナラ勝ち。

誰も予想してなかった幕切れに興奮は抑えきれない(笑)

こういう試合を観れるのが野球の醍醐味だよホント。

 

もちろん西村をはじめ、反省する点がまったく無いわけではなかった試合。

でも、落としたと思われた試合で逆転できたことで流れを掴みかけていることは確かな事実。

是非とも、ここで引き戻されないようにしないと。

 

f:id:SummerNine04:20170906073527j:image

届きそうで届かないスター【vsDeNA 23回戦】

巨人 0 対 1 DeNA

  勝:濱口 遥大(9勝5敗0S)

  敗:マシソン(3勝3敗0S)

  S: 山崎 康晃(4勝2敗22S)

 

 

投手戦となるとなぜか勝てない…。

なぜだろう…きっと1点を取られたあとの逆転が絶望的だからだろうな。

 

今季初の中4での登板を了承したマイコラス。

今日のハマスタにはメジャーのスカウトが来場してたらしい。

注目対象はマイコラスなのか筒香なのか、それとも…。

マイコラスは7回無失点の合格点を与えるべき内容。

こういう投手戦で先に先制を許す印象であるから、今日はそれほど気合が入ってたんだろうな。

でも、こういうときに打線が働かない。

無死1塁→送りバント失敗→併殺…。

(バント失敗がほぼマイコラスなのは考えもの…笑)

1試合で何度見ればいいのかというくらいに決めてくる。

開幕から送りバントをまともに決めてないのだから、もう決めれる人にだけ送らせればいいのに、ベンチは何を考えてるのだろうか。

 

今の打撃陣は正直言って冷凍保存中。

今まで、打線を引っぱってきた陽と坂本がほどよく冷え切っている。

特に坂本は休養を与えてもいいと思うけど代わりがいない…。

9月中に果たして解凍することは出来るのだろうか…

 

次は中日戦。

また一週間後の攻防戦に向けて、しっかり追いかけていかないと。

 

捕らえた尻尾【vsDeNA 22回戦】

巨人 3 対 1 DeNA

  勝:畠 世周(5勝1敗0S)

  敗:石田 健大(4勝6敗0S)

  S: カミネロ(2勝5敗25S)

 

頼もしい4本目の矢がやってきた。

畠が自身4連勝となる5勝目を挙げて、3位DeNAとのゲーム差もついに・・・0.5!!

3ゲーム差辺りでうろうろするかなと思ってた1か月前からここまで来たのはとても熱い。

なにより畠がもはやカープ戦以外では普通に抑えれることが分かったのがなによりも大きい。

CSに向けての投手運営に希望の兆しが・・

 

さて、試合内容ですけど…投手がよく抑えたってとこかな。

見るとマギーと阿部以外打ってない…w(よく勝てたな)

DeNAの投手陣、10個も四死球出してるんだからランナーは出るわなそりゃ(笑)

早く、陽・坂本が復調してくれないと勝てないぞ。

投手は畠は7回投げてくれたことでマシソンを温存できたのは大きかった。

その代わり、カミネロが4連投ほどしてるからそろそろ澤村を試したい…

それには点差が欲しいから…頼むよ打撃陣。

 

 

なんやかんやで尻尾は捕まえた感じになってる現状。

是非ともここでひっくり返しときたいところです。

さぁ、今日は美味しく乾杯できるのか…楽しみだ。

恵の雨?【vsDeNA 21回戦】

巨人 3 対 0 DeNA

  勝:菅野 智之(14勝5敗0S)

  敗:井納 翔一(5勝8敗0S)

  S: カミネロ(2勝5敗24S)

 

 

まずひとつ!

DeNAとのAクラス争いが白熱する9月初戦。

まずは菅野でひとつ奪えたのが良かった。

 

2回表に2死1,2塁からKOBAYASHIのタイムリー。

結構、レアです。見れなかったのが悔やまれる(笑)

6回には阿部の15号HR。

なんだかんだ今の巨人にこの長距離砲が欠かせないのがなんか不安…。

だれかこの人を代打に置かせてくれるほど打てる人材を・・

 

菅野は再三ピンチを招くも点は与えないピッチング。

結局7回無失点でマウンドを降りるけど、休暇挟んでやし欲を言えばもう一回ぐらい…。

あとは西村、カミネロで8回を抑え、9回で雨天コールド。

ラッキー。

 

とりあえず、頭をとれたのは良かった。

これでゲーム差は1.5となったし、是非とも次も勝利を引き寄せて。