とある若者のつぶやき

大学4年生、好きなことを淡々と... 日記、読書、音楽、野球、アニメ云々

【冴えない彼女の育て方♭】第1話 感想

第1話 「冴えない竜虎の相見え方」

 

『どういうことよ!霞ヶ丘詩羽!』

『どういうこととはどういうことかしら?澤村さん』

 

とまぁ、いつものケンカ口調から始まりました、冴えカノ♭。

その二人を見て、なぜ仲が悪いのかを不思議がる倫也(自覚しろ主人公w)。

そんな無自覚な倫也に加藤の一言。

 

『ありがとう。難聴鈍感主人公君』

f:id:SummerNine04:20170415003614j:plain

 

・・・不覚にもこの一言は…w……腹痛いww

 

で、今回は詩羽先輩と英梨々の出会いのおはなし。

 

出会いから、水と油状態。というより英梨々の嫉妬から始まったわけね。

そして、嫉妬の相手がファンの作家さん。

それを知るのは、ケンカを吹っ掛けたあと...報われないなこの幼馴染。

 

その後、詩羽先輩は美術室の英梨々専用アトリエへ。

(まさか...同人誌をそこで描いてるなんて言わないよね?w)

そこで英梨々(柏木エリ)の絵を見て、感動を覚える詩羽先輩。

 

後日、詩羽先輩に呼ばれ、屋上でふたりきり。

互いにクリエイターとして認めてる、、、でも倫也のことになると別問題。

最後はメタ発言の入り乱れ...

 

時間は現在に戻り、言い争いにぐったりしてる二人。

『今日の部活はここまで。』

最後に倫也は二人にサイン色紙を頼む。

最高の二人のコラボ色紙は宝物。売るわけがない!

加藤の計らいで、サイン色紙は1枚、2枚、、、結局全員分に。

f:id:SummerNine04:20170415014508j:plain

f:id:SummerNine04:20170415014523j:plain

サイン色紙は互いの部屋に飾られる。

 

 

いい最終回やったな...いや、まだ始まったばかりだよ。

そんなきれいな終わり方でした。

2期も相変わらず、アングルは安定のでしたね。

1話ということで人物紹介を兼ねて、回想メイン。

展開も違和感なく進んで、このまま何事もなく完走できたら...