読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある若者のつぶやき

大学4年生、好きなことを淡々と... 日記、読書、音楽、野球、アニメ云々

【冴えない彼女の育て方♭】第2話 感想

 

はい、、、最近忙しくて見るアニメが増えるふえる...

とりあえず、2話から書いていきます。

 ※以下、ネタバレ含みます。

 

www.saenai.tv

 

 

第2話 「本気で本気な分岐点」 

 

『瑠璃は大丈夫。ずっとお兄ちゃんと一緒だから・・・

・・・だから、だから・・・・・・巡璃を、よろしくね・・・』

 

文面からでも分かるような悲恋な感じで物語を締めた詩羽先輩。

今回の話は詩羽先輩が脱稿し、倫也をデートに誘うとこから。

本屋で小説(物語シリーズ)に熱中する先輩、倫也に急かされ購入するも、ランチタイムまで夢中。

『今は食欲よりも性欲よりも知識欲・・・』(ウソだ...ろ..?)

 

その様子を伺う二人の少女。英梨々は加藤を呼びつけ尾行中。

どうして2人のデート現場に居合わせたのか?と加藤が質問。

『あなたのような勘のいい女の子は嫌いだわ』(エリリ談)

どこかで聞いた気が…ああ、ハガレンか(納得)

 

f:id:SummerNine04:20170506015408j:plain

 

TVドラマの続編映画を観て、演出はいいが脚本がとダメ出しする詩羽。

倫也に対して客観的に作品を評価する目と勇気を持てと。

※ただし、少なくとも1週間は拗ねると明言。

 

一方、感受性豊かな英梨々は同じ映画に感動を覚えていた。

ここは二人が対照に表現されてるとこかな・・・

加藤はそんな英梨々をみて冷静に「幼馴染エンドだからね」

やっぱり、立場が同じだと惹かれるのかねぇ。

 

加藤と英梨々が私服選びを楽しんでいる間、詩羽と倫也は夕食。

「関西か、近所の大学…倫理君はどっちがいい?」

倫也は希望を込めて、残ってほしいと伝える。

詩羽にチャンスと言われ、渡されたのは1つのUSBメモリ

その中にはゲームのもう一つの可能性、別ルートが書かれている。

「あなたはどっちを選ぶ?」

 

後日、連絡がない倫也の部屋に押し掛けた加藤と英梨々。

そこには倫也が渡された別ルートのシナリオに感動していた。

英梨々から、プロデューサーが決めるべきと提言。

倫也はいったいどちらをとるのか・・・?

f:id:SummerNine04:20170506023650j:plain

 

 

まず、詩羽先輩はやっぱり倫也に選択肢を与えたがるのね

たぶん、この選択肢もただのゲームのシナリオ選択ではなく、なにか意味が込められてるんだろうな・・・

序盤は大人しいと思ってたら、最後に爆弾投下するあたりぶれない人でした。

本屋でアララギさんの真似をするなど、いろいろ楽しませてもらいました。

英梨々は今回も尾行してヤキモチを焼くお約束。

今のところ、ギャグ要員として大活躍ですね(笑)

f:id:SummerNine04:20170506023502j:plain

加藤は相変わらず、周りに振り回されてどちらかと言えば損な役回り。

それでも、冷静にズバズバ行動するからこれからの起点にもなりうるんだろう。

次回はrouge en rougeとの絡みが入ってくるのかな?期待しましょ。

f:id:SummerNine04:20170506023433j:plain