読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある若者のつぶやき

大学4年生、好きなことを淡々と... 日記、読書、音楽、野球、アニメ云々

【冴えない彼女の育て方♭】第5話 感想

第5話「締め切りが先か、覚醒が先か」

 

www.saenai.tv

※以下、ネタバレ含みます。

 

加藤が告白されている...

(詩羽先輩、若干そわそわしてる...?)

前回でもわかったように、すっかり黒髪ロングのキャラに生まれ変わった加藤。

容姿はいいが、なにしろステルス性能が極端に...

加藤は結局、マスターアップを優先するため告白をお断り。

 

一方、英梨々の作業は順調に遅れている。

厳しい詩羽に、英梨々若干買いかぶり気味な倫也。

英梨々は那須高原に缶詰めするらしい。

英梨々のまぶしい笑顔になにも言えない倫也。

(ゲームならここで選択肢がでてきそう)

 

『あ~それは帰ってこないわ~。いなくなるわ~』

棒読み詩羽w

逃げるクリエイターには特定のパターンがあるらしい(とある編集者談)

 レベル1:言葉遣いが荒くなる。

 レベル2:自分を責めだす。

 レベル3:だんだん返事が遅くなる。

 レベル4:周囲を顧みない自己憐憫を並べ立てる。

 レベル5:ある日を境にまったく連絡が取れなくなる。

 レベル6:失踪。

終末に様子を見に行こうと提案するが、マスターアップで忙しいので無理と。

 

倫也の大丈夫は英梨々を信用していないということ。

成長をせずに帰ることを望んでいるかのような考えに腹を立てる詩羽。

絵の完成速度は日に日に遅れていき、レベルは進行中。

期待だけ押し付けて待つ倫也に、加藤も若干腹を立てているご様子。

土曜日、幻聴と幻覚(?)を感じ、全てをやり直すと言い出す英梨々。

驚きと諦めに近い感情で倫也は一言

『お前は...お前のやりたいようにやればいいよ...』

日曜日、絵を描き上げた英梨々はそのまま倒れこむ...

f:id:SummerNine04:20170517152047j:plain

 

 

 

〈感想〉

 とりあえず、英梨々パートスタート。

 全体的に一気に進めたなという印象でした。

 今回は、というよりずっと倫也がファン目先で英梨々を観ていた。

 だから、詩羽先輩も加藤も気に障ったんだと思う。

 結局、締め切りばかり気にして英梨々のことを見てないのがなぁ...

 あ、先週から黒髪ロングで生活している加藤はOPでもロングになってるし、このまま行くんですね、ポニテがなぜか恋しいと思ってしまったw

 英梨々の原動力が常に倫也にあるというのが伝わってきたけど、倫也はねぇ...w

 純粋な幼馴染でありたいんだな。

 このアニメ、普通にフィギュアとか隠さずのっけているから探すと楽しい。

 次回予告で、城之内ネタを真似てくるという飽きさせないスタッフたち。

 英梨々パートは果たしてどれだけ割くつもりなのか気になります。

 

 次回、『英梨々、死す』じゃなかった『雪に埋もれたマスターアップ』