とある若者のつぶやき

大学4年生、好きなことを淡々と... 日記、読書、音楽、野球、アニメ云々

届きそうで届かないスター【vsDeNA 23回戦】

巨人 0 対 1 DeNA

  勝:濱口 遥大(9勝5敗0S)

  敗:マシソン(3勝3敗0S)

  S: 山崎 康晃(4勝2敗22S)

 

 

投手戦となるとなぜか勝てない…。

なぜだろう…きっと1点を取られたあとの逆転が絶望的だからだろうな。

 

今季初の中4での登板を了承したマイコラス。

今日のハマスタにはメジャーのスカウトが来場してたらしい。

注目対象はマイコラスなのか筒香なのか、それとも…。

マイコラスは7回無失点の合格点を与えるべき内容。

こういう投手戦で先に先制を許す印象であるから、今日はそれほど気合が入ってたんだろうな。

でも、こういうときに打線が働かない。

無死1塁→送りバント失敗→併殺…。

(バント失敗がほぼマイコラスなのは考えもの…笑)

1試合で何度見ればいいのかというくらいに決めてくる。

開幕から送りバントをまともに決めてないのだから、もう決めれる人にだけ送らせればいいのに、ベンチは何を考えてるのだろうか。

 

今の打撃陣は正直言って冷凍保存中。

今まで、打線を引っぱってきた陽と坂本がほどよく冷え切っている。

特に坂本は休養を与えてもいいと思うけど代わりがいない…。

9月中に果たして解凍することは出来るのだろうか…

 

次は中日戦。

また一週間後の攻防戦に向けて、しっかり追いかけていかないと。